オーダー製作例

メープルのローテレビボード

そう、しあわせ

多摩 Y様

design:daisuke imai
planning:daisuke imai
producer:number 8 furniture
painting:daisuke imai

メープルのローテレビボード
全体の印象。
ダイニングテーブルをについての打ち合わせに来て下さったYさんは、私が留守の時にこちらにいらっしゃったのだそうです。
ですので、どういうダイニングテーブルを提案してよいものかと迷いまして、ひとまずシンプルな形を提案したのですが、その後ご主人と奥さんが話し合った結果、テーブルではなく、テレビボードをお願いしたいと言うお話になったのです。
なぜかなと思いましたが、今度もひとまずシンプルな形を提案します。
それも、とてもシンプルな形にしました。いつもだったら家具の一番下につける巾木も省いた形です。巾木と言うのは、通常、床の不陸(ゆがみ)が家具に影響しないように、また通気の問題も兼ねて、家具を床面から浮かせる目的でつけています。そしてその高さは、いつもはお部屋に回っている巾木の高さに合わせています。当然その高さは収納にはならない空間になってしまうのです。今回は置き家具ということもあり、容易に動かせるのでその巾木を省いて高さを抑えた家具にしてみたのです。ただ、それだけだと本当に表情の乏しい家具になります。そこで、AV機器をしまう部分だけはガラスを用いた扉にするか格子状の扉にするかと、Yさんと考えていました。そして、いろいろと検討を重ねるうちに格子扉に決定。しかも横格子だけのシンプルな形に。
できあがった形はうん、良い表情です。
納品後にYさんにお話を聞くと、こういう形のテレビボードをこちらのマンションに住み始めてからずっと探していたのだそうです。
実は私も思っていました。置き家具ならば探せばこういうサイズのメープルの家具はどこかで売っているんじゃないかって。
でも、Yさんは言っていました。売っていないのだそうです。こういうシンプルで背の低い家具は。どこをいくら探してもないからあきらめるか、作ってもらうか・・・。こうやって依頼を頂く2年前くらいからうちのホームページを見てくださっていろいろと検討されていたのだそうです。
Yさんのお気に入りはメープルを使った家具。ご主人曰く「イヤって言うほど、イマイさんの施工例について説明されましたよ(笑)」とのこと。そして、ちょうど迷っていたダイニングテーブルとテレビボードどちらかを自分の気に入った形にしたいという思いで、それなら一番のメインになるテレビボードを、という事で今回お願いしてくださったのです。
これだけ強い思いがあったものですから、納品の時は、一大イベントです。見ている私たちもウキウキしてしまうくらい。私とカワグチ君が向こうのエレベーターホールからゴロゴロと台車に載せて家具を運んでくると、それをご主人と奥さんとお嬢さんの3人が何となくニコニコしながら見守ります。置き家具なので納品はすぐに終わっちゃうのですが、何だかこうやって見守られると、ちょっと照れくさくかしこまったりして、一つ一つの動作が変に固まってぎこちなくなって、かえってそれが厳粛に見えたりして・・。ゲタ(家具を納品するまで傷つかないように家具の下につけておく木の板。)を外して、代わりに床と家具が傷つかないように下面にフェルトを貼る動作さえ、何だかとっても重要なことをしているような動きになったりして・・。そんな感じで無事納品。Yさんご家族で大変喜んでもらえて私たちもとてもうれしく、しあわせな1日でした。

メープルのローテレビボード
ソファに座った時にちょど良い高さをYさんといろいろと検討してこの高さに決まりました。
メープルのローテレビボード
最近気に入っている格子扉の作り。簡単なように結構手が込んだ継ぎ方になっていますよ。
メープルのローテレビボード
2000mm、1800mm、900mmと、それぞれ別々に使用できるようにYさんの希望で3つの長さの家具にしています。ちなみにこの900mmはいずれ他の場所で使う予定です。そして、ここにはお嬢さんのピアノが来るのです。
メープルのローテレビボード
今回は格子の幅を広めにして、隙間を狭く、と言うYさんのイメージに合わせました。イメージ通りになりましたでしょうか。
メープルのローテレビボード
巾木をつけていないので、すっきり見えます。一つ弱点があるとすれば開け閉めする時に自分の脚にぶつけやすいのです。
メープルのローテレビボード
価格:400,000(製作費,塗装費)
*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、運送搬入費は12,000円から取付施工費は24,000円から

ちょっと関わりのありそうな家具たち

オーダー家具のある暮らし