日記「自由な手たち」

DSC_7000

敬老の日

昨日は敬老の日でしたね。
私たち夫婦二人共の実家が近く、今年はコロナウィルスの感染予防で長居ができないので当日に両家に挨拶に行けました。
ハルは生徒しか参加できない高校生活初めての文化祭に向けての部活の練習で忙しく行けませんでしたので、チイと2人で出かけました。チイも年頃になってきて昔よりもじいじとばあばと話す時にぎこちなさがありますが、会えるとちゃんと「元気そうだったね。」と話しているのですよ。家族が元気でいることは幼心にも安心なのでしょう。
最近実家に帰ると、両親ともに色々と片づけを始めている様子で、
「これ使うか?使わないなら処分しようかと思って。」とか、
「これ、ダイスケの写真がまだ残ってたのが出てきたのよ。持って帰って。」というお話が出ます。
迷惑をかけないようにと身辺整理を進めてくれていてとてもありがたいのですが、さみしい気持ちもしていたのです。
でも、その写真を見たチイが「おとうさんと似てる気がする。」と言いました。
ダイスケさんの幼少期の思い出話を聞く機会になりいい時間になりました。
こうして代々家族の時間がつながっていくのかなと感じました。
両親が元気でいてくれている今があることに感謝しています。