暮らしかたの思いかた

「オーク板目の吊棚と食器カウンターの制作」

東村山 S様

design:Kさん/daisuke imai
planning:daisuke imai
producer:daisuke hirose
painting:daisuke hirose

ナラ板目のカップボードとオープン棚
リビングダイニングから見た時の印象。Sさんのイメージ通りにすっきりした印象に納まりました。

「はじめまして、Sと申します。
ウェブサイトの制作例を拝見してとても気に入りました。
キッチン周りのリフォームを考えておりまして、現在キッチンはトーヨーキッチンのアイランド型の白いものに決めております。
キッチンの背面に270cmの収納を考えており、シンプルなカウンターにしたいのですが、デザインと機能性で好みのもの見つからず、こちらの家具に興味を持ちました。
ぜひプランを作っていただきたいと思っております。
近々、工房にも行きたいのですがご対応可能な日はありますでしょうか。
よろしくお願い致します。」
と、Sさんからメールを頂きました。

さっそく日程を調整させて頂いて、こちらにいらして頂けることになりましたが、その前に大まかなイメージを考えておけると良いかと思いまして、Sさんにどのような形を考えていらっしゃるのかをお聞きしました。
そのほうが当日はより具体的なお話もできますので。

Sさんから頂いたスケッチ。

「イマイ様、ご連絡ありがとうございます。
スケッチを添付ファイルでお送りします。
私たちは、もともとカントリーな感じは好きなのですが、40代になり今回は落ち着いた雰囲気にしたいと思っています。
購入を決めたキッチンの天板や脚はステンレスが重厚な感じです。
木目で取手のないシンプルな収納であれば、合うのではないかと思っています。
また、気に入っているタイルがあり、壁面に使おうか検討中です。
このキラキラした感じがイマイさんの家具とよい感じに合わせられるかが分からなくて。
よさそうであれば、このタイルを使おうと思いますので当日ご相談させてください。
壁から出ている一枚棚は工務店さんにも相談していますが、壁面はおそらく石膏ボードなので補強工事が必要とのことです。
今週末に工務店さんと打ち合わせをします。
大変恐縮ですがその前に分かる範囲で情報等ご提案をいただけたら幸いです。
よろしくお願いいたします。」
というメールと一緒にスケッチを頂きました。

その頂いた内容をもとに、私のほうで作りやすさと使い勝手を検討してあらためてスケッチを描いて、概算の御見積と一緒に送らせて頂きました。

Sさんのご要望からどのような形が実現可能か少し手を加えさせて頂いて考えた形。ただ、このプランだと予算を上回ってしまうということで、この形からもう少しシンプルな形にできるように考えていかないといけないのでした。

「イマイ様、早速ありがとうございます!!
詳細な情報もご提案も大変参考になります。
スケッチも素敵です。
吊棚のご提案、とても魅力的です。」
と、さっそくお返事を頂きました。
ただ、予算オーバーでどうしたらよいかを迷っているということでした。

宙に浮いたオープン棚
当初、食器棚の上には壁から飛び出た板を2枚付けたいというのがSさんの希望でした。そうなると、壁を一度解体してその壁の中に板を差し込まないといけないので、工務店さんに施工をして頂く形になります。リフォーム工事とは切り離して考える必要もありましたので、今回は私たちのほうで施工しやすい形で提案させて頂きました。そこで、ただの板ではなく箱状にすることで強度に問題のない形にしようと思いまして、かつ、板だけが飛び出た印象に見えるようにと、最初のスケッチでは考えていたのですが、あの形だとちょっと加工の手間が掛かるので、今回のようなシンプルなボックス型にしました。
宙に浮いたオープン棚
角は留めに見えるような印象で仕上げています。また壁に取り付ける際にビスが見えないような工夫をして取り付けています。

直接こちらにいらして頂く場合、その場でどのくらいの制作費用が掛かるかをお伝えすることはなかなか難しいことが多いです。
私たちの考え方としては、どのくらいの材料を使うかを拾い出して、その家具を何日間で制作できるかという形で見積もっていきますので、細かい加工が増えれば材料も増えますし、加工時間も増えます。
小さな加工でも加工時間が大きく掛かってしまうこともあります。
配線を通す穴を一つ増やすだけでもただ穴を開けるだけではなく、穴の周りもきれいに仕上げないといけなかったり、本棚などを作る時も高さが変えられる可動棚よりも固定棚のほうが返って加工する手間は複雑になったりします。
そのような工夫のしかたを考えていくとその場で「ざっくりいくらくらいでしょうか。」とよく言われるのですが、見当はずれな答えになってしまうこともあります。
ですので、こうして事前に大まかな形と金額をお伝えできるほうが確実で、この時点で大きく予算とかけ離れてしまうようでしたら、東村山から来られるSさんとしても時間を掛けてここまで来るべきかどうかの判断材料になると思いますので。

ナラ板目のカップボードとオープン棚
カウンターの様子。なるべく左右の壁ギリギリまで延ばして作れるようにしています。ただ、建築の壁が必ずしも真っすぐできているものではないので、現場にて削り合わせる必要も出てきます。そうなる時にこの分厚い板を削るのはなかなか大変ですので、削りやすいように見えない部分で削り代を設けています。また左右のキャビネットと壁の間は多少の逃げを見ておいて、最後に同じオーク材で隙間を埋めるようにして仕上げています。
フライパン、鍋の収納部分
右のキャビネットはオープンの棚です。奥行きをフライパンの奥行に合わせているのでちょうど取り出しやすい形になっています。

そして、オーバーと言いつつも予定通りに伺いますとおっしゃってくださいました。
そのように考えてくださっているのですから、どうにか減額できる方法も考えないといけませんね。

そして、いらして下さった当日に、どのような部分でコストが掛かってくるのか、どの部分で減額ができるのかといろいろとお話をさせて頂きました。
市販されている家具のように、このパーツを取るといくら下がりますというような分かりやすさで説明できないため、この部分をこうして作り方を簡素化するとこうなります、というようなかなり具体的なご説明をしながら、コストと使いやすさのメリットデメリットをお伝えしていきました。

そうしておおよそ形がまとまりました。

ナラ板目のカップボードとオープン棚
天板はこのように使ってくださっています。オイル塗装仕上げの天板なので、金属類をそのまま置くとシミができやすかったり注意は必要なのですが、やはり触った時の質感が良いものにしたいということで、オーク無垢のオイル塗装仕上げにしています。また、今回打ち合わせをする中でおもしろいアイデアが生まれたのがこの中央の棚板です。
ナラ板目のカップボードとオープン棚
中央の棚板は、ただの木の板ではなくて、棚の中にハンガーパイプを渡しています。これはまな板などの湿ったものが置けたらよいな、というSさんの言葉から生まれた形で、フキンやフックをぶら下げていろいろな収納方法にもなるかも、ということで、このような形にしています。この下はゴミ箱を置く予定で考えていたので、棚の高さは変えられるようにしていて、不便があれば取り外したり、高さを上げることもできます。

いよいよリフォームが始まり、背面収納を作るタイミングとしては、「その工事が完了して少しキッチンを使ってみて動線が分かってきてから作りましょう。」というお話にしていたので、そのあたりのタイミングで採寸に伺わせて頂きました。
この動線については、エッセイでも個人的な意見を書いておりますので、興味がありましたら読んでみてくださいね。
例えば、このような感じです。

・no.8 2021/10/14 パントリーについて

・no.232022/5/6 キッチンとの向き合いかた

・no.24 2022/10/4 引き出しの高さについて思うこと

ナラ板目のカップボードとオープン棚
今回の引き出しはシナ合板で作りました。レールはいつも使っているハーフェレのソフトクローズレールですのでレールが見えずにすっきりしています。
ナラ板目のカップボードとオープン棚
私たちの家具では通常はこのソフトクローズレールを使っています。また、ソフトクローズレールもいろいろなメーカーやいろいろな取付方法があるのですが、私たちは今のところこのレールで落ち着いています。
ナラ板目のカップボードとオープン棚
この底付けのレールのメリットはレールが見えないことです。レールが見えないということはどういうことかというと、以前にお客様から頂いたお話で、横付けレールを使っていた時にお水がかかった、お塩が掛かったということですっかり錆びてしまったことがあったのです。そのようなことが起きないというのは長持ちの方法のひとつなのかと思っております。
ナラ板目のカップボードとオープン棚
ソフトクローズレールには横付けと底付けの2通りのものがあります。私の感覚としては底付けのほうが引き出しの底を上げないというデメリットがあるのですが、底面につけるダンパーはレールの機構的に安定しているので、クローズするバネの力がちょうど良いのです。このバネの力が結構大切で、普段キッチンや食器棚をよく使うのは女性が多いと考えられますので、手指で引き出しを引く力が弱くなってくる時にバネが強いと使いにくいという声を頂いたことがありました。そういう面も考えるとこのレールが最適だと考えております。

やはり家具というのは暮らしながら必要だと感じるものだと思うのです。
ですので、可能であれば暮らしながら形作られゆくことが望ましいと思いますので、今回のような形はこういうタイミングで作らせて頂けることでより明確な形が分かったということで、当日現地を拝見させて頂きながら良い打ち合わせができました。
もちろん、キッチンのように住み始める前から用意しておかなければいけないものももちろんありますので、そういう形はなるべく形や使い方がイメージできるようにお伝えすることも私たちの大きな仕事です。
リフォーム工事の最中では、こうしたイメージを伝えるコミュニケーションが工務店さんに不足していたそうで、大変困難なリフォーム工事になってしまったというお話もお聞きしたのですが、こうしてSさんの希望される形が無事にできあがって納品後にお話しさせて頂いた中で、今はキッチンも快適に使えているようでこの背面収納との組み合わせがとても快適です、と喜んで頂
けているとのことでうれしく思っているのです。

ナラ板目のカップボードとオープン棚とキッチンとの距離
キッチンと食器棚の間のスペース。食器棚両側の壁のほうが食器棚よりも出ているので、一般的な形で考えると壁のでっぱりに合わせてすっきり見せようという話が出るのですが、今回はあえて少し引っ込めて奥行400ミリにしています。
食洗機から直接引き出しに食器をしまう
それは、その奥行でもSさんがしまいたいものが十分収納可能だということと、何よりもこの食洗機を開けた時と引き出しを開けた時のバランスがちょうど良くなるようにしたい、ということで今回のサイズにしているのです。この部分がSさんにとって一番ストレスなく感じられる点だったようで、ご挨拶に伺わせて頂いた時には大変喜んでお話してくださったのでした。

オーク板目の吊棚と食器カウンター

価格:550,000円(制作費・塗装費)

 

*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、運送搬入費は40,000円から、取付施工費は40,000円から)

ちょっと関わりのありそうな家具たち