オーダー家具製作例

ナラとグレーの化粧板とステンレスを使った食器棚

つたえる楽しさむずかしさ

「食器棚のオーダー」

横浜 T様

design:Tさん
planning:daisuke imai
producer:hideaki kawakami
painting:iku nogami

化粧板と木をうまく組み合わせた食器棚を作りたいのです、と相談にいらしてくださったTさん。
今までにない素材の選び方に感心するばかりでした。
その化粧板も白ではなく少し曇ったようで明るいグレー。
そして、カウンターにはステンレスのバイブレーション仕上げを使いたいということでした。
なるほど、そういうきれいな形、ありますよね。
少し懐かしくもあって、どこかヨーロッパの空気を感じるような。
私では全く思いもつかなかった素材の使い方に、聞けば聞くほど勉強になります。

ナラとグレーの化粧板とステンレスを使った食器棚
食器棚棚のスケッチにTさんが採色してくれたもの。

「でも、イマイさん。迷っているんですよ。どの部分にオーク材を使って、どの部分を単色で見せるかって。」
なるほどなるほど。
Tさんのイメージを聞きながらこちらで描いたスケッチはTさんの手によって茶色とグレーで色付けされていました。
これはなかなか難しい。
どうしたら木目が映えて見えるのかって。私も悩みながらもアドバイスをしてみますが、もうこのイメージはTさんが持っているものですので、Tさんも「イマイさん、」って聞いてはくれるのですが、話しかけながらもイメージは決まっていっている感じで、私を見ながらも私の後ろを見てお話ししてくださっているような・・。
Tさんにとっては頼りがいがなくて情けなく見えてしまったかもしれませんが、こういう経験が私にとってはたいへん糧になります。ありがとうございます、Tさん。

ナラとグレーの化粧板とステンレスを使った食器棚
食器棚全景。

ナラとグレーの化粧板とステンレスを使った食器棚
正面から見た様子。

こうして、おおよそイメージがまとまって、いよいよ内覧会。
部屋を見ながら、一つずつイメージを確認して行きます。
最近のマンションの内装は流行があるからなのか、建具などが濃い色でさらに鏡面仕上げ、壁が少しくすんだ白になっている内装をよく見かけます。
キッチンのカウンターも御影石をきれいに磨き上げた仕上がりで、どこか華やかな内装にまとまっていることが多いのです。

ナラとグレーの化粧板とステンレスを使った食器棚
取っ手の様子。これは吊戸棚の取っ手。指をかけ安陽に上にくぼみがあります。さらに扉を開けた時に取っ手が吊戸棚の側板に干渉しないように、端を斜めにカットしています。
ナラとグレーの化粧板とステンレスを使った食器棚
こちらはカウンターのすぐに他についている引き出しの取っ手の様子。ステンレスの天板とその下のグレーの目地、そして側板のグレーのポリとなら材の関わり方がよく分かります。

ナラとグレーの化粧板とステンレスを使った食器棚
同じく引き出しの取っ手。扉と違ってまっすぐに伸びています。それがほかの引き出しと揃うことで、とても良い印象にまとまるのです。

Tさんのイメージはどちらかというと、淡い色とナチュラルな色を組み合わせた印象で、内装のイメージとは少し離れた感じになります。
その空間に合わせるにはどうしたらよいかな。
あれこれと内覧会の限られて時間の中でイメージを重ね合わせて、ようやく形がまとまりました。

ナラとグレーの化粧板とステンレスを使った食器棚
吊戸棚の内部。グレイーの化粧板の地板とナラ材の地板が二重に見えるのは、照明を点検できるようにした工夫。どんなふうになっているか知りたい方はぜひ聞きにいらしてくださいね。

と思ったら、さらに細かい部分についてのご相談が。
ひとつが解決すると、次の形が見えてきて・・。薄明りのなかを何となく進んでいたら不意に進む道がはっきりと見えてきて、次にどちらに進んだらよいかを考えているような、そういう手さぐりに近い驚きやうれしさを感じながら、家具を作るという作業は進んでいくのだと思います。
そういうことってきっと楽しいのだろうなあ。って思うのですが、自分はどこかそういうことが苦手なのです。

ナラとグレーの化粧板とステンレスを使った食器棚
扉2枚分のオープンラック。この部分のナラとグレーポリの使い方をTさん一番悩んでおりました。結果、背板のみグレーにして、あとはナラで作る形に。

先日も44歳にしていよいよ近くのものが見えにくくなってきて、これが老眼なのかなあって思いで、アキコと一緒に眼鏡を見に行ったのですが、自分の思いを伝えるのがなかなか苦手でして、「一応視力を見てもらったら。」とアキコに言われて、言われるがままに娘と変わらないくらいのかわいらしい女性にいろいろと確認してもらったのです。
私が目の前の細かいものだけが見られれば良いということをもっときちんと伝えていればよかったのですが、その方は一生懸命私の普段の視力に合わせたサイズがどのくらいなのかを丁寧に提案してくださったりとても親身になって時間を使ってくださったのですが、結局最初に思っていた度の強いものにすることになりまして。
これが本当に皆さんのイメージに合わせた家具を作っている人物なのだろうかと、不甲斐ない思いだったのです。
でも、皆さんのお手伝いをする側になることにはもちろん自信がありますよ。安心してください。

ナラとグレーの化粧板とステンレスを使った食器棚
ゴミ箱はケユカのゴミ箱。いろいろなゴミ箱が発売されているので、皆さん迷うところ。

ナラとグレーの化粧板とステンレスを使った食器棚
ケユカの特徴は、ふたを開けるスペースが少なくて済むこと。

はい、おかげさまで良いかたちがまとまりまして、無事にHさんのキッチンに魅力的な形にまとまった食器棚が無事に据えられたのでした。
不器用ながらも皆様のかたちをきれいに整えていけるようにこれからも頑張ります。

ナラとグレーの化粧板とステンレスを使った食器棚
こちらは炊飯器を置くスライドテーブル。
ナラとグレーの化粧板とステンレスを使った食器棚
引き出しの様子。
ナラとグレーの化粧板とステンレスを使った食器棚
最上段の引き出しの下に作業用のスライドテーブル。奥様の身長に合わせてこの高さにしたのです。
ナラとグレーの化粧板とステンレスを使った食器棚
引き出しの様子。
ナラとグレーの化粧板とステンレスを使った食器棚
引き出しの様子。
ナラとグレーの化粧板とステンレスを使った食器棚
こちらはゴミ箱の上の引き出し。

ナラとグレーの化粧板とステンレスを使った食器棚
こちらは、炊飯器のスライドテーブルの下の引き出し。ご実家から送られてくる豆が便に小分けにされている姿がとても美しかったのです。
ナラとグレーのポリとステンレスの食器棚
価格:600,000(製作費,塗装費)
*運送搬入費・取付工事費が別に掛かります。
(目安として、運送搬入費は15,000円から取付施工費は30,000円から

ちょっと関わりのありそうな家具たち

オーダー家具のある暮らし