日記「自由な手たち」

201901422001

タモのダイニングチェア

201901422002201901422003加賀妻さんから依頼頂いているダイニングチェアがほぼ組みあがりました。
クライアントさんが選んでくださった生地の色や質感がとても良い印象でタモの柄とよく合っています。
あとは、ちょっとすてきなソファテーブルができあがれば、納品にお伺いできます。

ウェブサイト更新

ウェブサイト更新

ステンレスとタモ材を使ったセパレートキッチンタモの大きなの突板を使って大きな空間に負けないくらいの優しくダイナミックな表情に仕上がったIさんのキッチンのお話と、

クルミとセラミックストーンを使ったアイランドキッチンセラミックストーンという初めて扱う素材とクルミの表情がとても良い効果を生んだDさんのうつくしいアイランドキッチンのお話と、

厚み5mmのステンレスバイブレーションカウンターとオークランダム張り突板を使ったアイランドキッチンと、キッチンバックボードとリビングボードリズム感と上品さをうまく組み合わせた難しく大変な形だったUさんのキッチンのお話の3つのお話を掲載しました。

よろしければご覧になってくださいね。

20190421001

階段上がって

20190421002階段を上がるとこの印象が目に入ってくるって気持ちいいよね。
今日はTさんのところに引渡し前の確認ということで、お邪魔してきました。
「今までは壁に向かってお料理作っていたのですが、今度は少し斜めになっちゃうけれど、向こうから空が見えます。それだけでもずいぶん気分が変わりますよ。」

そうですね。お兄ちゃんはまだ、シンクの中に座り込んじゃうくらいやんちゃで小さいのですが、しばらくしてお母さんと一緒に過ごす時間の大切さがわかってきたら、ここで一緒に料理を作ってくれるんじゃないかな。」

20190421003

おそらく

カフェの椅子の背の考察。
後ろ足と背のつながりを考えていくと構造が華奢になる。
ノガミ君と「椅子を引く時はこう」「開店前に掃除するときは椅子をどう持つかな」そんな話の中で、この構造ならいけるかなというところに行きつく。
おそらく大丈夫なはず。

よほど作り慣れた形でない限りは、答えはすべておそらくになっちゃう。毎回初めての形ばかりだからね。
楽しさと不安が入り混じる感覚はなつかしい子供の時分の空気を感じながら前に進むんだよね。

20190418003

バスウッドのキッチンと背面収納

昨日と今日とで自宅のキッチン周りの家具を設置してきました。
アメリカ産のシナと言われるバスウッドですが、今回のバスウッドはなかなか赤みが強くてシナ材と併用している部分の色味の違いがおもしろく出ました。時間が経って、お互いの色がまじりあっていくとおもしろいだろうなあと期待しつつ使いたいな。
金物は今回はかなぐやさんに相談させて頂いて、いくつかの種類といくつかオリジナルの小物を作ってもらっています。
「家の様子を見てからイメージを膨らませたいのです。」とそういってくださった太田さんの表現のしかた、今から楽しみです。
家っていろんな人がいてできあがっていくのだなあと、あらためて実感している日々です。

20190418001

タモランダム張り突板を使ったセパレートキッチン

20190418002サイドパネルを横目で木取りしたパネルを取付けてこれですべて完了です。
きれいに作ってくれたカイ君に手間を取らせてしまいましたね、すみませんでした。
思いを一致させるのはやっぱり難しい。
けれども、それをきちんと実現させることが大きな喜びなのですから、きちんと思いを共有できるように頑張ります。
明日にはクリーニングが行なわれて、週末にはお引渡しになるとのこと。
私もその当日は都合がつかなくて伺えないのですが、1日ずらしてTさんにお会いできる予定です。

Img_0081

同居

今日の晩御飯はミートボール。成形するチイと私の母。
新居の引き渡しの日のお知らせがきて、実家での居候生活の終わりが見えてきました。
結婚以来、20数年ぶりに毎日一緒に暮らしてみてわかった両親の今の暮らし。年を重ねているはずなのに、相変わらず毎日忙しく外に出かけている2人の姿には頭が下がります。その姿を、私も始め、ハルとチイが知る機会となったこの生活がなかったらわからなかったことかと思うと、とてもありがたく感じるのです。

20190411003

タモのアイランドキッチンカウンター

2019041100220190411001「もうこの年ですからね、住みやすい大きさの家に建て替えてコンパクトに暮らそうかなと思いまして。」というTさんのご新居がようやく完成しまして、キッチンにアイランドカウンターを設置しにお伺いしてきました。
初めて使う折りたためるテーブルの金物は、形は武骨ですがかなり使いやすくできていて、今まで少し頼りなかった金物だったので、このような構造はなるべく提案できなかったのですが、これなら良いかも。
明るい印象に仕上がりました。
テーブルを置かずにここで食事が採れるようにしたのです。

_dsc3074

【ゴールデンウィーク期間の営業時間のお知らせ】

冷たい雨の降る日ですね。先日のお花見日和が嘘みたいです。
10連休と言われている今年のゴールデンウィークがあと2週間後にやってきます。大型連休とあって今までよりもゆったりといろいろな計画をされていたり、楽しみにされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そういうお休みの楽しみの中で、もしこのお休みの機会にオーダーキッチンや家具についてのお話を聞いてみたい、木のキッチンを見てみたいという方がいらっしゃいましたら、ショールームのご予約を受け付けておりますので、ご希望されますようでしたらご連絡頂ければ幸いです。
設計を担当しているのが代表のイマイダイスケとなります。お問い合わせをいただいた順の受付となりますのでご了承ください。
また、ゴールデンウィーク期間は、ご予約の時間帯以外はショールームを閉めてしまいますのでご注意くださいませ。
それでは、どうぞよろしくお願い致します。